オーダー 彫金、エングレービングについて

2018-11-19 15:14:00
11111.jpg

ご挨拶

♡沢山のお問合せありがとうございます♡私どもが行っている彫金に、ご興味を持っていただき、また、当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

P1011796.JPG

 

 リング彫金 象嵌

P1010211.JPG

 

 

腕時計彫金 象嵌

P1011767.JPG

SINICHI ART STUDIO私たちが行っている彫金、ハイエンド エングレービングについてご説明させていただきます

SINICHI ART STUDIOでは腕時計彫金をメインにナイフ、リール、アクセサリー、など一般貴金属から彫金は不可能と言われているステンレスのブレード鋼までご要望にあわせて、すべて一品物オーダーメイドで彫金を施させていただいております。彫金師 冨田真一による彫金の特徴は手彫り彫金の中でも最も卓越された技術を必要とされる微細彫り彫金を主に行っております。微細彫り彫金とは「古くはヨーロッパ発祥と伝わる伝統技法のひとつで品物に枠を取り、洋柄模様(注意※日本でいう大雑把な唐草模様とは大きく違いより洗練された優美で繊細な西洋柄模様)を丹念に浮き彫りにした後、さらに微細な線で影彫りを施しいくという最高峰とされる彫金技術のことである。」究極に研ぎあげられたタガネという刃物ひとつで彫り上げられる冨田の彫金作品は気品と優美さがあり、何よりその圧倒的なクオリティーの高さはハイエンドエングレービングスタイルといわれ国内外の多くの文化人、著名人、アーティスト、彫金コレクターの皆さまが所有していることでもよく知られております。ご興味の方は店頭でも展示しておりますので是非お手に取って作品をご覧になっていただければ幸いに思います。

 

究極に硬いステンレス鋼に微細彫りで彫り描く

 一般的に硬いとされております高級時計ブライトリングやロレックスなどに使われておりますスイス鋼とは比較にならないほど硬い材質がステンレス鋼のブレード材です 高硬度のステンレスブレード材など、一般的に彫金は不可能と言われております。

参考作品

ステンレス製グリップに金象嵌、グリップとブレードに微細彫りを施した作品

P1019365.JPG

ブレード材に金象嵌を施し微細彫りを施した作品

180923171129-5ba74ab164e7b.jpg

 

 オーダーご依頼につて

お気軽にご相談ください。デザイン、納期、プライス、ご予算、できる限りご希望に添えるようスタッフ一同ベストを尽くして努力させていただいております。

※ご注意※会員様もしくは会員様のご紹介の方、以外のご新規様のメールでのご相談お見積りは一切行っておりません。誠に恐れ入りますが、お電話またはごHP予約フォームでご予約の上、ご来店してご相談または見積もりのご依頼を下さるようご協力のほど重ねて願いいたします。

 

ご相談ご予約、お問合せ

03-3788-1297 芸術彫金事業部

東京 品川区 平塚2-18-24ー1Fメディスンマン カスタムズ社内 彫金係 SINICHI ART STUDIO

112211.jpg

 

1